News

学び

2022年度 後期授業実施について

共通

2022年度 後期(3Q・4Q)の授業実施方法についてご案内します。

2022年度後期(3Q・4Q)は、対面授業を基本とします。
ただし、履修登録者が170名以上の科目等は、遠隔授業とします。

時間割・シラバス・履修登録の注意等をよく確認してください。



【授業実施方法】

  授業実施方法は、以下のとおりです。

 《実施方法1:対面授業》
  ・指定教室で授業を実施します。
  ・15回すべて対面が基本ですが、大学が定めた回数まで遠隔で授業を実施することがあります。
   いつ遠隔授業が行われるかについては、シラバスを確認するか教員の指示に従ってください。
  ・教室に設置されている出席端末に学生証をかざすことで、出席システムに出欠が反映されます。

 《実施方法2:遠隔授業》
  本学の遠隔授業は、以下の3つの方法で行います。

   ①リアルタイム型(同期型)授業
    ・15回すべてを同時性および双方向性を保ちながらオンラインを通して授業で行います。
    ・指定教室等はありません。

   ②ハイフレックス型授業
    ・時間割どおりの曜日時限に指定された教室にて対面授業を実施しながら、オンラインでも授業を同時配信します。
    ・授業の受け方は「A.教室で対面で授業を受ける」「B.遠隔で自宅や学内の自習スペース等で授業を受ける」の2通りがあります。
    ・シラバスや教員からの指示をしっかり確認して授業を受けてください。
     ※本学のハイフレックス型授業は遠隔授業に分類されます。

   ③オンデマンド型(非同期型)授業
    ・授業の一部または全てを、動画コンテンツの配信などにより実施する授業です。
    ・開講時期の中で、自分のペースで繰り返し学習することができます。

※詳しくは、添付資料「2022年度 後期(3Q・4Q)の授業について」を確認してください。

【時間割の確認】

  時間割は、各学部ごとに異なります。自分の所属学部の時間割を確認しましょう。
   ※時間割上の開講期・科目名・担当教員・教室や授業実施区分等をしっかり確認してください。

 


【シラバスの確認】

  シラバスにはそれぞれの授業科目の授業内容や計画などの詳細が記されています。
  学びスタートアップのトップページから「シラバス検索」にアクセスすることでいつでも検索が可能です。
   ※検索したい科目名や担当教員にて検索し、授業内容やその科目で修得できる専門知識、予習・復習内容、使用するテキスト等
    詳細な情報を知ることができます。
 


【履修登録】

  履修登録は、学事スケジュールにて指定される「履修ターム」に各自でCampusPlanから行います。
  履修タームの期間は、学事スケジュールに記載されている「履修タームの概略」を参照してください。
  
   ※履修登録をするにあたっては、各学部ごとの履修登録の注意や履修登録に関するよくある質問を確認してください。



 


【授業の出欠確認】

  授業の出席・欠席については、学生便覧の「5⃣授業を受ける」及び大学ホームページ上の遠隔授業実施に関するFAQを確認してください。
 





【その他】

  授業に関する質問等がありましたら、大学事務局教務課窓口までお越しください。